×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


広告:ジョロキア粉末一味

- ブート・ジョロキアでタバスコみたいなものを作ってみた -

2010/10/09
とにかくたくさんできたので何か作らないともったいないから
タバスコっぽいのを作ることにした。
毎度の事ながら分量は適当です。

■作業工程■
   
(1)

今回使うジョロキア。
ビンの大きさを考えてこれくらいかな?と。
   
(2)

タバスコと言えば酢ですが、、、あんまりツンとくるのは好きくないので
「やさしいお酢」というのを使いました。
※酢は1瓶全部使うわけじゃありませんよw
   
(3)

すり潰すので種を取って切り刻みました。
フードプロセッサーとか使うと楽かもしれないけど
洗うのがメンドクサいから包丁で切りました。←余計に時間がかかった気が・・・
   
(4)

塩も入れるらしいけど「やさしいお酢」の中にも塩が入っているみたいなので
少なめに塩を入れてみた。
どれくらいが少なくてどれくらいが多いのかよくわからんけど。
これをボールで混ぜた後、すり鉢に入れてすり潰します。
   
(5)

最初グリグリすり潰してたけどうまくできないので酢を適当に入れてすり潰したら
結構すり潰せた。
でもまだ結構大きな破片が残ってるけど手が疲れたのでこんぐらいでやめます。
(15分ぐらいグリグリしてたと思う・・・)
   
(6)

後は瓶に入れて何週間か何ヶ月か何年か熟成させれば完成らしい。
量はビンにピッタリだったw
   



作ってみた感想は、時間がかかった・・
何に時間がかかったかというと、種を取る作業。
辛いワタの部分は残したまま、種だけを取っていたら
かなり時間がかかった。
収穫して洗って刻んですり潰してビンに入れるまで午前中使いましたw

あと、ビニール手袋つけてやったのに何故か指先がヒリヒリと痛くなった。
作業中に手袋に穴が開いたのか、辛味成分が手袋に浸透したのか知らんけど
とにかく痛かった。


|TOP|BACK|

広告:ブート・ジョロキアの実