×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

- cobconv -

COBOL順ファイルとCSVファイルの相互変換ツールです。
ちなみに汎用機系の文字コードは今のところ使用できません・・・
[cobconv Ver 0.1.8のダウンロード] 2008/03/08 Update

【使用方法など】

  1. cobconv.exeを起動します。


  2. 起動すると次のようなウィンドウが開きます。
    (初期状態ではCOBOLファイルをCSVファイルへ変換するタブが選択されてます)

    ・COBOLファイル(変換元)は、CSVへ変換したいCOBOL順ファイル名を入力します。右の「...」ボタンを押して選択できます。
    ・CSVファイル(変換先)は、出力するCSVファイル名を入力します。右の「...」ボタンを押して選択できます。
    ・COBOLファイルのCOPY句は、変換元のCOBOLファイルのレコード定義(COPY句)のファイル名を入力します。右の「...」ボタンを押して選択できます。

    ・変換元のCOBOLファイルの文字コードを選びます。
    ・出力するCSVファイルの文字コードを選びます。

    ・区切り文字は、CSVファイルで使用する区切り文字を選びます。
    ・引用符文字は、CSVファイルの文字列の項目を囲む引用符を選びます。

    ・文字列の右側の空白を削る場合はチェックを入れてください。
    ・文字列の左側の空白を削る場合はチェックを入れてください。
    ・数値項目に必ず符号をつけたいときはチェックしてください。
    ・1行目にタイトル行をつけたいときはチェックしてください。

    以上の事を設定して「開始」ボタンを押すとCSVファイルへ変換されます。


  3. CSVファイルからCOBOL順ファイルへの変換。
    タブの「CSV → COBOL」をクリックすると次のようになります。

    ・CSVファイル(変換元)は、COBOL順ファイルへ変換したいCSVファイル名を入力します。右の「...」ボタンを押して選択できます。
    ・COBOLファイル(変換先)は、出力するCOBOL順ファイル名を入力します。右の「...」ボタンを押して選択できます。
    ・COBOLファイルのCOPY句は、変換先のCOBOLファイルのレコード定義(COPY句)のファイル名を入力します。右の「...」ボタンを押して選択できます。

    ・変換元のCSVファイルの文字コードを選びます。
    ・出力するCOBOLファイルの文字コードを選びます。

    ・区切り文字は、CSVファイルで使用している区切り文字を選びます。
    ・引用符文字は、CSVファイルの文字列の項目を囲んである引用符を選びます。

    ・1行目のデータがタイトル行の場合はチェックを入れてください。

    以上の事を設定して「開始」ボタンを押すとCOBOL順ファイルへ変換されます。


以上です。 後の事はreadme.txtを見てください・・・(手抜き)
|TOP|BACK|